『死にぞこないは愛に啼く』無料ネタバレ!|消える前に一度でいいから愛されたかった…

前のネタバレはコチラ

 

使用人の妬み

ドレイクが街に行った後、レイはグレアレンが

「―くそっ、あの乞食、旦那様に気にかけられて…いっそ食事に毒でも混ぜて殺すか」

と言っているのを聞いてしまいます

 

”まさか”と思うレイですが、食事の時にグレアレンが不敵な笑みを浮かべていたので、グレアレンは本当に自分を殺そうとしていると確信します

『ふざけんな!』

レイはテーブルに出された料理を床に叩き落とします

料理は散乱し、食器も割れてしまいます

「これは…旦那様が大事にしている食器…よくも…」

グレアレンはレイの腕をつかみ、制裁を与えるといって屋敷の外に連れ出します

 

雨の中、グレアレンがレイを連れてきた場所は森の中

「ここは『まどいの森』土地勘のないお前が戻ってこられることはない。そこで野垂れ死ぬんだな」レイは見知らぬ地に1人置いていかれてしまいました

 

死にかけているところ助けられ・・・

雨の中、1人木の下に座るレイ

『寒い… メシも食い損ねたし」

 

やっと幸せになれるかもって思っていたレイ

「一度でいいからだれかに___俺のことを……」

をう思いながら意識が薄れていくレイ・・・

 

「おい! 生きてるか!」

そこにびしょ濡れになりながら血相を変えたドレイクがレイ助けに来ます

ドレイクはレイを抱きかかえ

「すぐに屋敷へ運ぶ くそ あまり心配をさせるな…」

レイは薄れゆく意識に中で『助けに来てくれたのか…?』

 

消えそうになるレイにドレイクは

屋敷に着き、ドレイクはレイをベッドの上に・・・

するとレイの体が透けています

「な…これは…」

 

『あ そうか きえちゃうのか…』

消えてしまうことをあっさり受け入たレイ

そして

「いちでいいから…あいされてみたかったな…」

とドレイクに言います

 

「……やはり お前はこの世界のものではないのだな?」

そして、この世界でレイが生き延びる方法はだだひとつ

「私に愛されることだ」

とドレイクはレイに言います

 

そして

ドレイクはレイの首筋を舐めます

「こうすると 身体に熱が戻るだろう?」

「説明はあとだ まずはお前を抱く 心配するな」

 

体格のいいドレイクが華奢で小さなレイを・・・

愛を知らないレイが、初めて味わう愛とは・・・

づづきが気になりますね♪

 

『死にぞこないは愛に啼く』についてはこちらにも詳しく書いたので、ぜひご覧ください♪

© 2021 『死にぞこないは愛に啼く』無料ネタバレ!